3歳のディズニーランドデビュー!知っているとお得な情報まとめ




子どもとディズニーランドに行きたいと思ったら…ぜひぜひ3歳の内にデビューしちゃいましょう!

何故なら、4歳以上になると入園料がかかってしまうからです。

子ども料金だし…と思って甘く考えていると痛い目に合います。ディズニーさん、子ども料金もしっかり高いです…。

3歳でも十分に楽しめるので、いつデビューしようか考えている方は、3歳の内に行っちゃいましょう♪

ここでは、実際に3歳の娘とディズニーデビューしたことを基にした情報をお届けします♪

3歳でも乗れるディズニーランド・シーのアトラクション

まずは、ランドの3歳でも乗れるアトラクションを確認しておきましょう。

ディズニーランドのアトラクション

【シアタータイプ】

  • カントリーベア・シアター
  • 魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • スティッチ・エンカウンター

【ライド系】

  • カリブの海賊
  • ジャングルクルーズ
  • スプラッシュ・マウンテン(身長制限90cm以上)
  • アリスのティーパーティー(コーヒーカップ)
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)
  • 白雪姫と七人のこびと
  • 空飛ぶダンボ
  • ピーターパン空の旅
  • ピノキオの冒険旅行
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • ガジェットのゴーコースター(身長制限90cm以上)
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”

【3歳児NG:身長制限102cm以上】

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャー・コンティニュー
  • スペース・マウンテン

 

この他に、トゥーンタウン内にミニー・ドナルド・グーフィー・チップとデールの家があり、中に入って遊ぶことが出来ます。

ちなみに、ミッキーの家は自由に入れるのではなく、ミッキーに会えるグリーティングスポットです。

グリーティングスポットは、トゥーンタウンの他にウエスタンランドにあり、ここではドナルドとデイジーに会えます♪

ただ混み合っていることが多く、待ち時間が長いので…3歳児と一緒に並ぶのはとても大変かもしれません。

グリーティングスポットよりも、ショーやキャラクターに会えるレストランを予約しておく方が現実的かもしれませんね。

ディズニーシーのアトラクション

ついでに…シーのアトラクションもチェックしておきましょう。

ランドかシーか迷っている方は、ここでどっちが良さそうか想像してみて下さい♪

【シアター系】

  • タートル・トーク
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター

【ライド系】

  • トイ・ストーリー・マニア!
  • アクアトピア
  • ニモ&フレンズ・シーライダー(身長制限90cm以上)
  • キャラバンカルーセル(メリーゴーランド)
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • ジャンピン・ジェリーフィッシュ
  • スカットルのスクーター
  • フランダーのフライングフィッシュコースター(身長90cm以上)
  • ブローフィッシュ・バルーンレース
  • ワールプール(コーヒーカップ)
  • 海底2万マイル

【3歳児NG:身長制限102cm以上】

  • ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • タワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(身長制限117cm以上)
  • レイジングスピリッツ(身長制限117cm以上、195cm以下)
  • センター・オブ・ジ・アース(身長制限117cm以上)

 

シーで子ども向けのアトラクションが揃っているのは、リトルマーメイドの世界の所になります。

なので、お子様がアリエル大好き!なら、ディズニーシーで十分楽しめると思います。

逆にリトルマーメイド見たことがない…というお子様は、ランドの方が良いかな、と思います。

ランドは乗れるアトラクションの数も多いし、白雪姫やピーターパン、ダンボなど色々な種類のアトラクションがあるのも魅力的ですね♪

ディズニーランドで子どもとランチ。レストランは?

子ども連れで気になるのが、ご飯をどこでどう食べるか…ですよね。

特にディズニーランドは常に混んでて、レストランで食べるのにも一苦労。まず知っておきたいのは…

ディズニーランド内にお弁当持ち込みが禁止

ということです。

もしお弁当をランドで食べたい場合は、一度ランドを出て『ピクニックエリア』まで行かなくてはいけません。場所は、メインエントランスの左側です。

デーブルや椅子が設置されているので、空いていればそこでお弁当を食べることが出来ます。

お弁当は面倒だから、やっぱりレストランで食べたい!という方は、レストランを事前に予約しておくと楽になります。

『プライオリティ・シーティング』といって、来店時間を指定でき、優先的に案内してもらえるサービスです。全てのレストランが対象ではないですが、指定した時間に行くと席が空き次第優先的に入店出来るので、とても助かります♪

でも、結構早く満員となってしまうので、早めに予約をしておかないといけません。

予約するには、

  1. オンラインで予約
  2. 電話で予約

の2つの方法があります。

管理人もレストランの予約をしようと思いましたが、1ヶ月前にはほぼ満員で予約できませんでした…。

予約出来そうなのは、15時や16時などの微妙な時間帯だったので、諦めました。

ただ、事前に予約が出来なかった場合でも、まだ空きがあれば当日に予約することも可能です。当日予約の方法は2つあり…

  1. 当日の午前9時から…オンラインで予約可能
  2. 当日の午前10時から…店頭で予約可能

となっています。

 

管理人は残念ながらレストランを予約出来ず…。そこで利用したのは、『スウィートハート・カフェ』です♪

様々なパンが食べられるカフェで、予約は出来ないですが軽食なので席の回転が早く、混んでいても比較的早く座って食べられました。

パンなら子どもも大好きだし、買って席さえなんとかなればすぐに食べられるのも助かりました♪

外の席からはシンデレラ城も見えたので大満足でした。

公式HPにメニューが詳しく載っているので、ぜひご参照下さい♪

行き帰りにおススメ!ディズニーランドにはバスを使って楽々♪

ディズニーランドに行く時に、電車を使う方が多いと思うのですが、子連れで行く時に絶対おススメなのが、バスです!

電車で行くと、ベビーカーが邪魔になるし、混み合っていると抱っこも出来なくて大変ですよね。

バスならその心配が皆無です!!!

特に帰りは子どもも疲れちゃうので、バスなら寝ながら楽々帰れます。

バスのメリット

  • 荷物が多くても預けられるので楽
  • チケットを買っておけば、子どもも座れて楽
バスのデメリット

  • 電車で行くより交通費がかかる
  • 道路の混み具合によって、予定より遅くなる可能性がある

 

まず気を付けないといけないのは、子どもを席に座らせたい時は、小さい子でもチケットが必要になります。

ケチって膝の上でいいや…にすると、席と席の間が狭いので、隣の人とぶつかりそうになり結構大変になると思います。大人が2人居て隣同士に座れるのなら、膝の上でも良さそうですが…。

余裕を持っていきたいのなら、子どもの分の席も確保しておくと良いかもしれません。

電車とバスの交通費と時間の差

【電車】

  • 交通費(横浜駅⇒舞浜駅):730円(大人1名)
  • 時間:約1時間

【バス】

  • 交通費(横浜駅⇒ディズニーランド):大人1,270円、子ども640円 =計1,910円
  • 時間:約1時間(道が混んでいなかった場合)

電車の方がバスよりも1,180円安い!

ちなみに、管理人が利用した日は高速道路が少し混んでいたようで…約1時間30分弱かかりました。

 

 

横浜からの時刻表はこちら。東口のバス乗り場からの出発になります♪

 

ディズニーランド⇒横浜の時刻表はこちら。

10
40
11 10
12 40
15 10
16 10、40
17 10、40
18 10、30、50
19 10、30、50
20 5、15、25、35、45、55
21 5、15、25、35、45、55
22 5、15、25、35、45

 

バスは事前に予約することは出来ません。もし満席だった場合は、次のバスを待つしかありません。

ただ、結構本数が多いので、すぐに乗れなかった場合でもそんなに困らないかな、と思います♪

横浜駅以外でも、結構沢山の場所から直行バスが出ているので、最寄りの駅からバスが出ていないかチェックしてみて下さい♪

公式サイトには、ディズニーランドから帰りのバスの行き先・乗り場の案内が出ています。

まとめ

いかがでしたか?

管理人が行った時には工事中だったシンデレラ城ですが…2020年4月には工事が終了する予定です。

さらに、2020年4月15日には、美女と野獣の新エリアや、ベイマックスの新アトラクション…。

ミッキー達によるライブパフォーマンスが見られる屋内シアター、ミニーに会えるグリーティング施設もオープン予定になっています♪

2022年には、ディズニーシーにアナと雪の女王、ラプンツェル、ピーターパンをテーマにしたエリアもオープンする予定です♪

何度行っても、いつ行っても楽しめるディズニーランド。子どもとも最高に楽しい思い出を作れますように♪

 

2歳児との初・サンリオピューロランド体験レポート!

12月 20, 2018

八景島シーパラダイスをレポート!子どもと回る4つの水族館

12月 1, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください