アンデルセンの食パンを食べ比べ♪食パンの特徴とスライスの頼み方についてまとめます。




デパートや駅ナカに数多くの店舗があるパン屋、『ANDERSEN』(アンデルセン)。

本社は広島県で、東京・神奈川、大阪などなど…全国14都府県にお店があります。

様々な種類のパン、サンドイッチ…ジャムやスープなども取り扱っており、どれを選んだら良いのか迷ってしまったことありませんか?

その中でも、食パンは見た目では特徴が分かりずらいと思いませんか?

今回はアンデルセンの食パンを実際に食べ比べみて分かった、各特徴をまとめます。

何を買おうか迷っている方、他の食パンも試してみようかと思っている方、参考にして頂ければと思います。

食パンを買う時に知っておきたい、スライスの頼み方

皆様は食パンを買う時、何枚切りが好きですか?私は厚めが好きなので…4枚切りか5枚切りが好きです♪

でもお店に行った時、店頭に買いたい厚さがない…ってこと、ありませんか?

実は、店頭に出ていなくても食パンさえあれば、店員さんが好みに合わせた厚さで切ってくれるんです。

アンデルセンではレジの近くにパンを切るスライサーが置かれていることが多く、店員さんに「〇枚切りに切って欲しいんですが」と声を掛けると切ってもらえます♪

大体の厚さが…

  • 4枚切り:2.7㎝
  • 5枚切り:2.25㎝
  • 6枚切り:1.8㎝
  • 8枚切り:1.35㎝
  • サンドイッチ用:1㎝

ぐらいになります。

さらに、切らずにそのままでもOK。1本丸ごとや、1斤分をブロックのままなどなど…。好きな分、好きな形で買うことが出来ますよ♪

食パン以外もスライスOK

アンデルセンではフランスパンや大きめなパンも切ってもらえます。

店員さんに「〇㎝の厚さで…」とお声掛け下さい。

食パンはスライサーで切れますが、食パン以外のパンはナイフで手切りになります。斜め切り、縦切りどちらが良いかも店員さんにお伝え下さい。

食パンは半斤でも購入可能

食パンは大体1斤サイズで店頭に並んでいますよね。でも半斤でも買えるってご存知ですか?

半斤というのは…

  • 4枚切りの半斤 ⇒ 2枚
  • 6枚切りの半斤 ⇒ 3枚
  • 8枚切りの半斤 ⇒ 4枚

という感じです♪

どんなパンか気になるから、ちょっとのサイズで試したいという方におススメです♪

店頭に並んでいない場合がほとんどなので、お求めの際は店員さんに半斤分が欲しい旨をお伝え下さい。

食パンのパン耳

アンデルセンではパン耳のみの販売はありません。

ですが、食パンのスライスを頼む際にパン耳の部分について少し頼めることがあります。それは、食パンの耳だけの部分(全面が耳になっている所。食パン1本分の端っこ)をどうするか?です♪

店頭に並んでいる食パンは、大体この耳だけの部分が抜かれていますが、スライスを頼む際にこの耳だけの部分をつけてもらうことが出来ます。

付けてもらう方法としてはこちら。5枚切りを例にご説明します。

  • 5枚の内、4枚は普通のスライス。1枚は耳だけの部分も含めてスライス。
  • 5枚を普通にスライス。耳だけの部分を薄ーくスライスしてつけてもらう。

2つの頼み方があるので、店員さんに相談してみて下さいね♪

長時間発酵食パン

まずはこちら。四角い食パンです。

特徴としては…

  • ふんわり柔らかい
  • 生地は少し甘め
  • サンドイッチやピザトーストにおススメ

1本1,070円、1斤(1/3)357円となります。

低温でじっくりと発酵させているため、生地が柔らかくなっています。

普通に焼いて食べても、上にチーズやハムなど乗せて焼いても、どちらでも美味しいです♪あとは、他の食パンよりサンドイッチにするとよく合うかと思います。

アンデルセンの食パンの中で、シンプルでありながら柔らかい食パンはこの長時間発酵食パンなので、サンドイッチにしたい時はこれを使ってみて下さい♪

長時間発酵ブレッド

次はこちら。山型の食パンです。

特徴は…

  • アンデルセンの食パンの中で1番柔らかい
  • 表面にバターが塗ってある
  • 生地も甘め。そのまま食べても美味しい

1本756円、1斤(1/2)378円です。

長時間発酵食パンも柔らかいのですが、さらにふんわりしているのがこの長時間発酵ブレッドです。

違いは焼き方。四角い食パンは食パンの型の蓋を閉めて焼き上げるのですが、山型の食パンは蓋を閉めないので、四角い食パンよりもふんわりと膨らみ柔らかくなります。

四角い食パンは山型のよりきめ細かく、山型は四角の食パンよりふんわり柔らかい…という感じです♪管理人はこのブレッドが1番お気に入りです!

柔らかくて生地が甘いので、食パンそのものの味を楽しみたい方におススメです。

アンデルセンイギリス

次はこちら。山型の食パンです。

  • 生地がフランスパンなので、ハードタイプ
  • 味がシンプル
  • 何にでも合わせやすい

1本960円、1斤(1/3)314円です。

先ほどまでの長時間発酵食パン・ブレッドと違う所は、フランスパンと同じ生地が使われている所です。

そのためパン自体が固めのハードタイプで、味もとてもシンプル。他の食材と合わせやすいパンです。焼いて食べるとカリッとして美味しいです♪

長時間発酵全粒粉食パン

最後はこちら。四角い食パンです。

  • 生地は長時間発酵食パンと同様で柔らかい
  • 小麦の全粒粉を使用。独特な甘さがある
  • サンドイッチやピザトーストにおススメ

1本1,134円、1斤(1/3)378円です。

生地の柔らかさは長時間発酵食パンと同じですが、違う所は全粒粉を使用している所。これはお米で例えると玄米のようなものです。

他の食パンと比べ、独特の甘さがあるのが1番の特徴です。

その甘さが好きな方と、普通の食パンの方が好きな方と分かれると思うので、一度食べて頂いた上でどっちが良いか選んでみて下さい♪

まとめ

いかがでしたか?

ご自分の好みに合う食パンはあったでしょうか?ぜひ一度、半斤分からでも良いので実際に食べてみて下さいね♪

また、アンデルセンではサンドイッチもとても魅力的です。各食パンを使ってるものや、フランスパンのサンドイッチもあるので、こちらもぜひお試し下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください