無料で楽しめる展望台、『日本夜景遺産』川崎マリエンの魅力をレポート

川崎にある『川崎マリエン』をご存知でしょうか。

無料で利用できる展望台で、みなとみらいや富士山、うみほたるも見えるとっても素敵な場所なんです♪

ここでは、マリエンに行くとどんな景色がみられるのか、マリエンがどんな所なのかをご紹介します。

マリエンとは…どんな所?

マリエンとは、川崎市川崎区東扇島にあるコミュニティー施設です。正式名称は『川崎市湾港振興会館』といいます。

『マリエン』は一般公募で選ばれた愛称で、”世界に拡がる海の玄関”をイメージした「マリン」と「エントランス」の造語です。

マリエンから見える景色

マリエンの昼間の景色

マリエンの展望室は、360度ぐるっと回れるようになっているので、

東京方面、横浜方面や、海の方も見ることが出来ます。望遠鏡も設置されていますが、コロナ対策で使用は禁止になっていました。

遠くの方にはディズニーランドも見えるらしい!?です。

ただ、かなり遠くであれかな……?というレベルでしたので、見つけられるかどうか挑戦してみて下さい♪

 

横浜方面はこちら。出かけた日が曇りだったので…晴れの日だったらもっと良い景色だったと思うと悔しいです…。

窓の下には、どんな施設があるのか分かるよう写真パネルが設置されています。

天気が良ければ富士山も見えるようです。

 

こちらは東京方面。

スカイツリーやお台場が見えます。

 

さて、次はどこの景色でしょう??

 

 

こちらは東京湾でした!

海ほたるや風の塔が見えます♪

 

こちらは窓の外の景色ではないのですが、子どもが楽しんでいたところです♪

展望台と同じフロアに、足元に液晶を使用した動く地図があります。

川崎マリエン近辺が映し出されていました♪

マリエンの夜景

東京タワー、工場地帯の夜景です。

私自身、夜に行けなかったので生では見られなかったのですが…

やはり『日本夜景遺産』と言われるだけあり、とても綺麗ですね。

マリエン内に貼られていたポスターです。これは富士山かな?

ぜひぜひ天気が良い日に行ってみて下さい♪

マリエン1階にある、展望室以外の見どころとは?

マリエンの1番の魅力は、やはり展望室からの景色ですが…

展望室以外にも意外?なものがあります。ここではそんな意外な見どころをご紹介します。

ちなみに、1階には

飲食OKのスペースがあります。マリエン内に売店はありませんでしたが、周辺にコンビニがあるはあります。

ただ席は少ないので、昼時などは空いていない可能性があるかもしれません。

ホオジロザメの剥製「かわジロー」

1階ホールに、巨大なホオジロザメの剥製が展示されています。

しかも名前がついている…。

当時3歳だった子どもはリアルで巨大なサメに怯えていました。

そして剥製だけではなく…

剥製の横に、サメに関する知識が詳しく書かれていました。

サメに怯える子どもはそれどころではありませんでしたが、大人でも説明出来ないようなことまで書かれているようです。

マリエンシアター

1階にある『マリエンシアター』では、川崎港に関する映画が上映されています。

芸能人のサイン

1階ホールに芸能人の方のサイン色紙が飾られていました。

さかなクンやももいろクローバーZ…真矢みきさんや、吉田鋼太郎さんなどなど。ドラマ撮影の舞台にもなっていたようです。

私自身、あまり芸能人の方のサインを見たことが無かったので、会ってもないのになぜかテンションが上がりました。

まとめ

いかがでしたか?

無料で利用できる展望室はなかなかないので、一度行って見てはいかがでしょうか。

 

そして、マリエンには今回ご紹介した展望室の他にも様々な施設があり、

体育館やトレーニングルーム、屋外にはテニスコートやビーチバレー場、バーベキュー場などがあります。

各施設によって利用方法が異なり、予約・利用料金が必要なので詳しくは公式ホームページをご確認下さい♪

 

川崎マリエンの概要はこちら。

川崎マリエン利用案内

  • 利用時間 : 9:00~21:00
  • 休館日  : 12月29日~1月3日
  • アクセス : 【バス】JR川崎駅東口11・12番乗り場から、市営バス「川05系統東扇島循環」にて約30分、「川崎マリエン前」下車
  • 駐車場  : 屋外駐車場あり。1時間未満は無料、1~3時間未満200円、3~5時間未満400円、1日最大600円。
  • 電話番号 : 0442876000
  • 公式HP : https://www.kawasakiport.or.jp/index.html

※駐車料金は普通自動車の料金。大型自動車の場合は、上記の倍の料金となります。

 

川崎にもあった無料で楽しめる動物園、夢見ヶ埼動物公園をレポート!

1月 12, 2019

川崎駅で子どもと出かけたら、覚えておきたい遊び場まとめ

12月 24, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください